動画で覚えるワード基本操作

『私ワード基本操作できます』と言えるようワード基本操作の操作方法を説明します。

スポンサー広告

文字列の選択方法について

文字列の選択方法について

文字列のサイズを変更したり、色を付けたりする場合、文字列を選択する必要があります。文字列の選択方法は、いくつかありますので状況により使い分けられるようになりましょう。

マウスポインターの形状とカーソルの違いに気を付けてください。
文字入力ができる場所で点滅しているのがカーソルです。
カーソルと形状は似ていますが、マウスの動作に追随するように動くのがマウスカーソル(マウスポインター)です。アルファベットの大文字のIに形状が似ており、アイビームポインターと呼ばれることがあります。

カーソルとマウスカーソル

文字列の選択方法の基本はドラッグです。選択の解除はいずれの場合も、用紙の文字入力可能エリアをクリックしてください。

通常の選択方法

範囲選択したい文字列をドラッグします。

選択範囲が広い場合の選択

範囲が広い場合は、選択範囲の始点でクリックします。選択範囲の終点にマウスカーソルを移動させます。選択範囲の終点で、キーボードのshiftキーを押したままクリックします。
(始点と終点が逆でも大丈夫です。)

複数の個所の選択

いっか所を選択したのちキーボードのCTRLキーを押したまま、にか所目以降を選択します。離れた場所が選択できます。

行単位で選択

マウスポインターを用紙の左余白に移動します。マウスポインターの矢印の向きが右上を指したところでクリックします。

複数行の選択

マウスポインターを用紙の左余白に移動します。マウスポインターの矢印の向きが右上を指したところでドラッグします。

単語単位の選択

単語の上にマウスポインターを移動しダブルクリックします。

段落単位の選択

ワードにおける段落は文章の意味愛とは関係なく、エンター(改行)までのひと塊を指します。

段落単位で選択する時は段落内でトリプルクリックしてください。または、マウスポインターを用紙の左余白に移動します。マウスポインターの矢印の向きが右上を指したところでダブルクリックします。

文章全体を選択

マウスポインターを用紙の左余白に移動します。マウスポインターの矢印の向きが右上を指したところで、トリプルクリックします。
またはCtrlキーを押したままAキーを押します。

矩形に選択する

ALTキーを押したままドラッグします。

色々な選択方法があります。まずは、通常のドラッグを使う方法を使いこなしてください。次にshiftキーを使った方法。さらにCtrlキーを使った複数選択を覚えてください。
それ以外は知っていれば便利程度ですので、今すぐ覚えなくても大丈夫だと思います。

rssfeed
ご質問など
2017年05月18日 13時21分
Liliam さん
Deadly accurate answer. You've hit the buesleyl! http://ozlcxk.com [url=http://ojmhgedbifn.com]ojmhgedbifn[/url] [link=http://lemacog.com]lemacog[/link]

よろしかったらコメントをどうぞ

お名前
コメント

スポンサー広告