動画で覚えるエクセル基本関数

『私エクセル基本関数できます』と言えるようエクセル基本関数の操作方法を説明します。

スポンサー広告

合計 オートサム(関数)

オートサム

複数のセルの値を合計してみます。

エクセルの計算はできるだけセル参照を使った方が値の変更に強いので数値プラス数値ではなくセル(番地)+セル(番地)のようにする方が便利です。合計のようにたくさんのセルの値を扱うときは個別にセル指定すると入力時に間違いやすいです。さらに表自体に列や行を追加したときなども計算式を入力しなおす必要があります。

このような場合範囲指定で合計ができるオートサムという関数を使うのが便利です。

今回は下の表のを例にしますと

セルF2のセルを選択してオートサムのボタンをクリックします。(Web上ではリボンの機能が使えませんので数式を手入力していただければ確認いただけます。)

合計を計算するオートサム関数

合計するセルの範囲が囲まれます。毎違いないことを確認してエンターキーを叩きます。

=SUM(B2:E2)

と入力されました。SUM()が関数です。B2:E2がセルB2からE2までを表す引数部分となります。

正しい計算結果が求められたのでオートフィルで数式をコピーしておきます。

オートフィルで数式がコピーされる理由

オートフィルでコピーされた数式は

セルF3 =SUM(B3:E3)
セルF4 =SUM(B4:E4)
セルF5 =SUM(B5:E5)

のようになります。 オートフィルの基本 を見直していただければわかりますが、数値と文字の組み合わせを縦(下方向)にオートフィルをかけると文字はそのまま数値は1つずつ増加していきます。数式も文字と数値の組み合わせと考えると文字はそのままで数値のみ1つずつ増加しているのが確認できるでしょう。

 

rssfeed
ご質問など

よろしかったらコメントをどうぞ

お名前
コメント

スポンサー広告